20140502oosaka001

2014年5月2日に行われた「HKT48アリーナツアーin大阪城ホール」のネットニュース


関連リンク:HKT指原莉乃 大阪ライブで魂売る「吉本、阪神大好き」

先月29日に行われたツアー初日で寸劇を披露。「長くやると怒られるよね…。吉本新喜劇もあんまり評判よくなかったし…」と大阪のお笑い文化の代名詞に対する“問題発言”をした。

 これについて公演前に行われた囲み取材で本紙が真意を聞くと「NMBのお客さんはNMBを見に来てるのに、やっちゃったから…」と発言の意図を説明。

「深い意味? 全くないです。記者の人って本当に考えすぎですよね」と苦笑い。むしろ「大分で土曜のお昼に、いっつもやってたのは見てました」と新喜劇好きをアピールし、「好きな芸人? 島木譲二さん。やっぱり(新喜劇の)象徴だと思うので。同じギャグをずっとやるのってスゴイなって思いますね」と大阪名物パチパチパンチのギャグを持つスターの名前を挙げた。


関連リンク:HKT指原、大阪の粉もんにハマった!
4月29日に千葉・幕張メッセで行ったツアー初日で、指原が「いろんな土地ですごい食べるので、太らないでほしい。大阪の粉もんには気をつけて!」とメンバーに注意喚起していたが、この日は「ケータリングのたこ焼きや豚まんがおいしすぎて…。まんまと自分がはまっちゃいました」と指原自ら“食い倒れ”の街にKOされた。


関連リンク:HKT多田愛佳 ゆきりんより「まゆゆが好き」
 指原莉乃(21)が村重に「ゆきりんはなじめてるの? 村重より、そっちのが心配。色が違いすぎて」と後輩よりも先輩のことを気にかける。

 村重が「柏木由紀オーラがすごい」と発言すると指原は横にいた柏木と同じAKB48の3期生・多田愛佳(19=HKT移籍)に「同期でしょ」と振った。

 多田は「同期ですよ。でも、まゆゆ(渡辺麻友=20)が好きかな」と衝撃発言。突然のぶっちゃけトークに会場がどよめくと「ゆきりんも大好き」と慌てて“訂正”した。

 まだまだおもしろトークは続く。

 開始直後のMCではSTAP細胞論文で世間をにぎわせている理化学研究所の小保方晴子研究ユニットリーダー(30)のモノマネをしようとするメンバーがいて、劇場支配人も兼任する指原が大慌てで「リアルやめなさい」と制止する場面も。

 しかし、白雪姫を題材にした寸劇で氷のフェロモン役の森保まどかと、炎のフェロモン役の松岡菜摘が白雪姫に毒りんごを食べさせようとした際に「美のSTAP細胞はあります」と“迫真”の演技を見せる。

 すると指原は「それやめなさいって! せめて証拠を出してから言いなさい」と先ほどとは打って変わって、際どいノリツッコミをして会場を笑わせた。


関連リンク:HKT指原 ゆきりん&さや姉をネタに“ブラックトーク”展開
NMB48キャプテン山本彩(20)が、全国ネットのテレビでのトークが苦手とされていることを「借り猫」(借りてきた猫状態)とイジるなど、“毒”を含んだ爆笑トークで、7000人のファンを大いに笑わせた。


今日もおもしろそう

その他のAKB48関連情報はコチラをどうぞ
AKB48まとめ情報


スポンサードリンク

Twitterやっている方は是非!